正しいドッグフードの選び方

家族の一員の愛犬には毎日の食事を安心安全で健康に良い物にしてあげたいですよね、特にアレルギー体質の愛犬には与える食事には気を使いたいと愛犬家の皆さんは思っているはずです。
犬は毎日の食事から受ける影響はとても大きく消化器官も人間の様に強くありません。
良くない物を食べ続ければ病気になってしまいます。
そこで今回は、そんな愛犬のためにドッグフードの正しい選び方についてご紹介していきたいと思います。

 

ドッグフード,選び方,正しい「動物性脂肪と動物性油肪は危険」
この動物性脂肪と動物性油肪は危険とは、牛・豚・鳥などから人間が食べる食肉部分を取り除いて残った骨や内臓に脳や肩肉に血液を加熱処理し粉末にしたものなのです。
中には病死した動物に、殺処分された猫や犬も混ざっているといいます。

 

ドッグフード,選び方,正しい「ペットフード安全法は安全ではない」
ペットフード安全法で規制されているのはメラミンと言われる明らかにペットの身体に有害な物質だけなのです。

 

ドッグフード,選び方,正しい「とにかく安い物は注意」
安いドッグフードはその分原材料が良くありません。
新鮮ではない材料を使っているため防腐剤や臭いを隠す人口香料に着色料にエトキシンBHA,BHT、などの添加物に科学物質が多く使われています。

 

ドッグフード,選び方,正しい「動物性タンパク質」
犬にとって特に大事な栄養素はタンパク質で多くのアミノ酸をタンパク質から摂取する必要があります。
そのために良質な動物性タンパク質が含まれているドッグフードが良いのです。

 

ドッグフード,選び方,正しい「まとめ」
以上の事を簡単にまとめるとあまりにも安い物は注意が必要です。
農薬や添加物の検査結果などを公表しているかのチェックが必要です。
賞味期限が1年以上と長い物は注意が必要です。
愛犬のために是非参考にしてみてください。

 

安いドッグフードと高いドッグフードの差はどこにあるのか

同じ家族の愛犬にはずっと長生きしてほしいですよね。
そんな愛犬の毎日の食事は健康にとても重要に関わってきます。

 

そこで気になる安いドッグフードと高いドッグフードの差はどこにあるのかについて今回はご紹介していきたいと思います。

 

ドッグフード,選び方,正しい「原材料の差」
安いドッグフードと高いドッグフードの差はその原材料の差が大きく違うのです。
安いドッグフードには、トウモロコシに大豆や小麦粉などの穀類が多く使用されています。

 

犬は基本肉食なのですが穀類に野菜や果物なども食べる雑食でもあります。

 

しかし、大量の穀類を食べてしまうと胃腸に良くない影響をあたえアレルギーの原因になってしまいます。
中には病死してしまった家畜の肉大豆そのものでもなく加工で使われて残ったカスなどが使われている場合や喰いつき良くするために科学香料を使っていたりもするのです。
また、防腐剤や着色料といった科学物質を使用しているのでこれらを長く食べ続けて蓄積していくと生活習慣病など様々な病気の原因にもなってしまいます。

 

たしかに安いドッグフードは経済的には魅力ですが愛犬の健康を考えると後々逆に高くついてしまう場合もあります。

 

一方で高いドッグフードには、良質でホルモン剤等を使っていない新鮮な肉類をベースにし無添加で無香料の物や有機野菜を材料に作られているため安心で高タンパク、栄養価も高く愛犬の健康に負担のない物となっています。

 

↓カナガンドッグフードの公式ページはこちら↓

ドッグフード,選び方,正しい